スニーカーを履くとアキレス腱が擦れて痛い

今回の相談者は….僕です。

スニーカーで長時間歩いていたらアキレス腱を痛めてしまいました。

同じような経験をされた方も多いと思います。

 

今回は自分に起きた症状の原因と改善方法ついて解説します。

 

スニーカーを履くとアキレス腱が擦れて痛い

痛そうでしょ?

アキレス腱のあたりが赤くなってしまっています。

靴には血がついています。

 

新しいスニーカーを履くといつもこうなります。

また、履き慣れた靴でも長時間歩いたりすると痛くなります。

 

同じという方はいますか?

ココが痛くなると歩くのがツラくなりますよね。

でも、こうなってしまう原因と改善方法を知ることで予防と痛みの緩和をすることができます。

 

原因

これは、僕のバランスのとり方が影響しています。

バランスの取り方が影響する

人それぞれ姿勢や体の使い方、重心の位置が違います。

すごーく簡単にいうと、

基本はこんな感じ

姿勢が崩れていない場合はこんな感じの立ち姿勢になります。

 

反り腰で前重心タイプ

腰が反ったり、前側に重心がかかるとこのような前に弧を描くようなバランスのとり方になりやすいです。

 

腰が丸まり後ろ重心タイプ

骨盤が後ろに傾く、後ろ側重心になると後ろに弧を描くようなバランスのとり方になります。

 

 

こんな感じでバランスの取り方が違います。

本当はもっともっと複雑ですけどね。これはちょっと大げさに簡単に表現してます。

 

僕の場合

僕はこっちタイプです。

こういうタイプの人は歩くときに普通の人よりほんの少しスネが後ろに倒れやすくなります↓

 

スネがほんの少し後ろに倒れることにより

アキレス腱のところが擦れるんです。で、痛いんです。

 

改善方法

痛くなってきたら腰を反って前重心を意識しながら歩くと緩和されます。

普段スニーカーで長時間歩くことはないですが、たまに履いて歩くとこのことを思い出すんです。痛くなってから。。。

もし痛くなってきたら腰を少し反り、前側に体重を乗せながら歩くようにします。

 

後ろ重心の自覚がある方は、体を少し前に倒すことを意識しながら歩いてみてください。

 

まとめ

今回は僕の体についてでした。

体が後ろ重心のまま歩くことでアキレス腱と靴が擦れやすくなってしまっていました。

前側重心を意識することで症状を緩和させることができます。

 

人にはそれぞれ姿勢や重心の取り方が異なります。

それらが異なるから人それぞれ動きに個性が出て、スポーツ選手だとプレースタイルに特徴が出るんです。

僕はこの個性をあえて治そうとはせず、個性を活かす整体をします。

だから良くなっていくんですよね〜〜

 

気になる方は受けにきてください♪